最新の釣果情報を随時更新中!

三浦・城ヶ島の釣り場情報なら「ばんだな」へお任せください。
最新の釣果情報や釣り場を随時更新しています。

  • 1月5日(金) 釣果報告

    2018/01/05 Friday

    今年の初釣りは、高飛び込みの磯へ行ってきました。

    店の閉店後の昼前10時頃に店に集合。河野さんと新川さんと私の3人でフカセ釣りでの釣行です。

    時間的に遅い釣行だったので、予想通り正面南向きの釣り座は満席。

    河野さんは、東側のワンドの付け根の高場に釣り座を取りました。私は東向きの平磯に。(この釣り座に一番入りたかったのでラッキー。)新川さんは私の左側の溝の向こう側の高場の隙間に釣り座を取りました。

    先客の方に海の様子を聞くと、まったくアタリが無いとのことです。

    足元にコマセを入れてみると、エサ取りの姿は見えません。刺し餌は元の姿のまま残ってきます。

    正面南向きの釣り座では、ポツリポツリとメジナが上がっているようですが、ワンド内は苦戦です。河野さんがかろうじて、カサゴを釣り上げましたが、私を含め他の釣り人は刺し餌がそのまんま残ってくる状況です。

    2時頃、正面真ん中の釣り座が空き、新川さんが釣り座移動。

    しばらくすると、新川さんが大きく曲がった竿を両手で支え固まってます。

    「どうした?」と私。

    「デカイ、デカイよ」と片手にタモを持ち固まった新川さん。

    傍らに行って覗いてみると見事なメジナが頭を出してうごめいています。

    新川さんからタモを受け取り無事タモ入れ終了。

    「デカイね」と新川さん。

    「デケエな、唇引っ張りゃ40㎝あるかも」と両手で測る私。

    「新川さんの今年の初獲物、写真撮影しよう」

    両手で持った魚が暴れ、なかなかポーズが決まらない新川さん。

    撮影が下手な私は、新川さんの顔を入れ忘れ、へんてこな記念写真になりました。

    店に帰って計測すると39㎝・1220㌘ありました。

    私の釣果は、27㎝と30㎝の2枚のメジナ。3時半頃から刺し餌がつぶれて戻ってくるようになり、その後ようやく釣れました。

    4時頃、河野さんは納竿。私は後片付けの終わった新川さんに、釣った魚の血抜きをお願いし、ウキが見えなくなるまで粘ってみましたが空振りでした。

    後片付けをしながら、血抜きから戻ってきた新川さんに「血抜きアリガトね」と声をかける。

    「俺の釣ったデカイメジナは、ちゃんと血抜きしたけど、川島さんの小さいのはふたつとも跳ねて逃げちゃった。」

    「ふたつとも?」

    「そう。」

    「俺の釣ったメジナが跳ねながら、ゆっくりとタイドプールに滑って行くのを、無抵抗で黙って見てたの?」

    「そう。」

    「俺の今年初の獲物なのに?」

    「ゴメン。」

    「メジナのフライと刺身食おうと思ったのに?」

    「……….」

    「釣った証拠写真もまだ撮ってないのに?」

    「いつでもすぐ釣れるよ」と新川さん。

    傍でふたりのやりとりを聞いていた釣り人は大笑い。

    俺たちふたりもつられて大笑い。

    そんな楽しい初釣りでした。

  • 12月29日(金) 昨日の釣果報告

    2017/12/29 Friday

    昨日は05:00から09:00まで営業の予定でしたが、目が覚めたのが6時過ぎ、6時15分に開店と、大失敗から一日がスタート。

    今年の竿納めの釣りは、「だんご釣り」か「フカセ釣り」で迷った結果、「フカセ釣り」に決定。

    昼前から諸磯の「高飛び込み」に入りました。

    磯に着くと先客が5名。運良く、飛び込み台跡の左下の三角に突き出た釣り座が空いていたので、そこに入ることにしました。

    先週、夕まずめに爆釣したポイントです。少しラッキー。

    海の様子は、昨日のウネリが多少残っており、波っけがありすごくいい感じ。

    コマセを入れると、スズメダイが湧き出してきましたが、やっかいなタナゴの姿はまだ見えません。

    仕掛けを手前に入れると、ラインがパラッパラッと沖へゆっくりと出て行く私の好きな状況。

    釣り開始3投目に足裏サイズのメジナを釣り上げた後も、メジナ、カワハギ、アイゴ、スズメダイ、キタマクラと飽きない程度に釣れました。周りの人たちの状況もメジナがポツリポツリと釣れていて、メジナの活性は高いようです。

    しばらくすると、新川さんがひやかしに訪れ、この日二度目のランチタイム。

    新川さんが見ている間にメジナを釣らないと、何を言われるかわからないので、真剣にキャストを繰り返し、幸いにも2枚のメジナを釣り上げ、やれやれでした。

    新川さんが帰った後、フカセ釣りの上手な川島君(私と同姓です。)と久々の会遇。私の右上で竿を出してすぐにメジナを連発。何枚か目にはタモ入れサイズ。サイズを聞いたら、38㎝とのこと。さすがですね。

    薄暗くなった頃、コマセに反応したメジナの波紋があちらこちらに出始め、チャンス到来。しかしこの日は、タナどりが悪かったのか針掛かりが今ひとつ。最後の一投でようやくキープサイズが釣れて竿仕舞い。

    本日の釣果はメジナが8枚(26㎝から30㎝)とカワハギがひとつ。メジナとカワハギをひとつずつ持ち帰り他はリリース。

    真っ暗になるまで、そこそこに楽しい今年の竿納めの釣りが出来ました。

  • 12月28日(木) 昨日の釣果情報

    2017/12/28 Thursday

    昨日は北西の風が強く、波も高くほとんどの磯が釣行不能でした。

    そんな状況のなか、ミッチャンとアケミさんから釣果報告が入りました。

    入った磯は城ヶ島の「潮見」。昨日の状況から城ヶ島で竿を出せる磯は、他には無かったようです。

    入った釣り座は、ミッチャンが潮見の四番、アケミさんが潮見の三番。他の釣り座は波が這い上がり、危険で竿が出せる状況では無かったようです。

    釣果は、アケミさんが、30.5㎝のメジナ。体高がありコンディションの良い魚でした。他には、アカメフグが2匹、タナゴが1枚でした。

    そして、ミッチャンがまたやりました。午前10時頃、タナは6㍍、竿一本程先の近場のポイント。

    釣り上げたのは見事な真鯛。店で計測すると、47.5㎝・1594㌘の見事な魚体でした。

    今年のだんご釣りでの釣り納め、素晴らしい釣果。おめでとうございます。

  • 12月25日(月) 昨日の釣果情報

    2017/12/25 Monday

    ライキとライキパパの杉澤さん父子が、フカセ釣りで「高飛び込み」へ釣行。その時の釣果情報が入りました。

    先週、爆釣をしたふたりでしたが、昨日はちょっと厳しかったそうです。

    杉澤さんは飛び込み台跡の高場に、ライキは西側先端の平磯にそれぞれ釣り座を取りました。

    釣果は、杉澤さんは、30㎝と25㎝のメジナ。

    ライキはメジナは釣れなかったようですが、ちょっと珍しい魚を釣って来ました。

    74㎝・294㌘のダツ。尾ビレ付近にスレ掛かりで取れたそうです。(ダツは獰猛で、長く鋭い口先が危険な魚。取り込みには注意して下さい。)

    ふたつめは、ブラクリで磯際を狙い小型のタコ。

    そして、ライキの本命魚、ブダイ。40㎝・1286㌘の魚体をこの日の第一投で釣り上げたそうです。

    釣行後、店にて写真撮影。お疲れさまでした。

  • 12月22日(金) 釣果報告

    2017/12/22 Friday

    12月20日と21日、二日間連続で諸磯の「高飛び込みの磯」へ釣行してきました。その時の様子を報告します。

    20日(水)は、はじめちゃんが昼頃まで「高飛び込みの磯」へ入るということで、私も店の閉店後(水曜日は朝の9:00に閉店です)、『ばんだなオリジナル配合』の使い具合の確認もしたいのでフカセ釣りの支度をし、はじめちゃんの後を追うことにしました。

    磯に着くと先客が7名、ほぼ満席でした。はじめちゃんの横にへばりつき、しばらく見学。

    足元にはスズメダイの群れと大型のアイゴ。ハコフグやキタマクラもちらほら見えます。ちょっと沖のポイントには本命のメジナがコマセに反応して浮いてくるのが見えます。コマセワークで本命とエサ取りを見事に分離しています。さすがですね。

    はじめちゃんの納竿と同時に、釣り場所と、はじめちゃんの釣った獲物(イナダとメジナ)を譲ってもらい釣り開始。

    足元とちょっと沖のポイントへコマセを投入。アタリのとれないまま数投仕掛けを入れていると、沖のポイントもいつの間にやらアイゴだらけ。釣れるのはアイゴだけ。沖へコマセを打つときにコマセが少しばらけ、足元と沖のポイントがつながってしまい、はじめちゃんがせっかく分離したポイントをいつの間にか結合させてしまったようです。正確なコマセワークは大事ですね。

    なかなか本命のメジナに出会えないまま釣りを続けながらも、はじめちゃんから潮の向きと、仕掛けの角度、ラインを置くポジションを見ながら仕掛けを効率よく馴染ませる方法等のアドバイスをもらいました。フカセ釣りは、やることがいっぱいあって、うまくいくとすぐ結果に出るし、ホントに面白い釣りです。

    釣果の方ですが、4時頃にようやくメジナが釣れました。サイズは30㎝弱。その後、メジナがコマセに反応して浮いてくるのが見えるのですがなかなか針掛かりせず。暗くなってようやく先ほどと同サイズのメジナを釣り上げ、これにて釣り終了。

    翌日の21日は、またしてもフカセ釣りで「高飛び込みの磯」へ釣行。

    昼過ぎからの遅い釣行でしたが、磯は先客が一人だけ、釣り座の選び放題の状態でした。

    入った釣り座は、飛び込み台跡の左下。三角に出っ張った良いポイントです。

    足元にコマセを入れると、海水温の低下などお構いなしに、スズメダイの群れと大型アイゴが湧き出してきます。

    ちょっと沖へ仕掛けを投入。刺し餌は瞬殺。たまにウキが入ると大型アイゴ。

    そんな状況がしばらく続き、日が大きく傾いたころ。沖に波紋がちらほら。コマセに反応してだんだん手前によってきます。

    こうなればこっちのものです。タナを一ヒロ弱に上げ、仕掛けを投入。やってきましたゴールデンタイム。

    釣れる魚は全部メジナ。サイズは30㎝クラスまでですが、100%の入れ食いです。

    ほんの短い間でしたが、7枚のメジナを釣り上げ、最初に釣った3枚をキープ。後は、釣ってはリリースの繰り返し。

    暗くなるまで楽しい釣りが出来ました。

  • 12月19日(火) 釣果情報

    2017/12/19 Tuesday

    12月15日(金)にドット島に釣行した加賀美さんの友人の方より釣果情報が入りました。

    この日は海水温が17℃台から一気に1℃以上も下がった影響からか他の磯ではあまり良い釣果が上がらなかった日です。

    そんな状況で、ドット島での釣果は、30㎝のメジナが2枚と足裏サイズのメジナが20枚程、他にイナダが一本。もう一人の方は、納竿間際に37㎝の大型のクチブトメジナを釣り上げたそうです。

    ドット島の磯、面白そうですね。これから大型メジナが釣れるシーズンが本格的に始まります。私にとって楽しみな磯がひとつできました。

  • 12月18日(月) 昨日の釣果情報

    2017/12/18 Monday

    一昨日の大荒れの海から回復した昨日は、魚の活性が高く好調な磯が多かったようです。

    城ヶ島潮見の磯に入った山本さんの情報を紹介します。

    入った釣り座は潮見の三番。アゲンストの北東の風がやや強かったものの正面30㍍ほどのポイントで好調な釣りを楽しんだそうです。潮見の磯全体でカワハギの活性が高く、だんご釣り以外でも投げ釣りやフカセ釣りでカワハギの姿が見られたようです。

    山本さんのこの日の「お持ち帰り」はカワハギが2枚。1枚は28㎝・442㌘の良型でした。釣行後店で計量し『ばんだなダービー』に登録。93.3ポイントをゲットしました。

    高飛び込みの磯に入った杉澤さん父子の情報です。

    ライキはフカセ釣り、ライキパパはだんご釣りでの釣行でした。

    入った釣り座は飛び込み台跡の高場。この日はふたりとも絶好調。釣行後、釣ったメジナの入った重そうなバッカンを両手で支え、誇らしげに店に飛び込んできたライキの姿がキラキラしてとても楽しそうでした。

    釣果は、ふたりでメジナが18枚以上。そのうち10枚を「お持ち帰り」。家族で食べきれない分はワタを取り近所の友人に配るそうです。ライキパパの釣った36㎝・776㌘、ライキの釣った34㎝・548㌘のメジナを店にて計量後、撮影。メジナの集合写真が撮れました。

  • 12月15日(金) 釣果報告

    2017/12/15 Friday

    13日(水)と14日(木)二日間連続で新川さんとふたりで釣行してきました。その様子を報告します。

    13日は昼前から宮川観音山下の磯へ釣行。釣り座は尖端南向きの磯でふたり並んで竿を出しました。

    海の状況は、海水温は17℃台。波・風ともに穏やかでなかなか良いコンディションでした。

    釣果はふたりでメジナが6枚。新川さんが36㎝・738㌘の良型のメジナを釣り上げ、『ばんだなダービー』に登録。90ポイントを稼ぎ出しました。新川さんは15時過ぎに納竿。私は暗くなるまで粘ってみましたが、夕まずめの爆発は不発でした。

    翌日の14日(木)は昼頃から諸磯の高飛び込みの磯へ釣行。

    高飛び込みの磯は8ヶ月ぶりで久しぶりです。遅い釣行でしたが磯は私たちふたりだけで貸切の状態でした。後にフカセ釣りの方が一人来ましたが、日没まで3人だけでずいぶんと空いていました。

    私は東側のワンド向きに、新川さんは正面南向きにそれぞれ釣り座を取りました。

    海の様子は、波・風ともに穏やか海面はベタベタ。海水温は17℃台から16℃へとさがりめ。手前にだんごをパラパラと入れると、一瞬でエサ取りが沸いてくる状況。小さなアイゴとスズメダイが海面に、下には大型のアイゴ。白い尾っぽ(メジナ)は見当たりません。

    釣果は、この日も好調の新川さん。40㍍程沖の潮目に仕掛けを入れ、右から左へとゆっくりと流しながら、次々と

    良型のメジナを釣り上げています。

    昨日から新川さんに煽られっぱなしの私はなかなかアタリが取れず、たまのアタリはアイゴばかりで、3時過ぎにようやくメジナの姿を見ることが出来ました。その後何とかもう1枚のメジナを追加出来ましたが、夕まずめは大型のアイゴが湧き出し腕はパンパン、仕掛けは取られるわでギブアップ。

    結局ふたりでメジナが7枚(新川さんが5枚)。サイズは27㎝から30㎝まででした。2枚のメジナをキープし、昨日の4枚のメジナと合わせて金曜日に店でメジナ尽くしのランチを食べる予定です。

  • 12月11日(月) 昨日の釣果情報

    2017/12/11 Monday

    最近、だんご釣りにハマっている高城さんから釣果情報をいただきました。

    土曜日は早朝より暗くなるまで、日曜日は午前中と二日連続で城ヶ島の堤防で釣行したそうです。

    釣果は3枚のメジナをキープ。そのうち1枚はかなりの良型です。

    釣行後店にて、釣り場所の情報交換、釣行時の荷物のまとめ方等の話をし、長い釣行を終えました。

    長時間の釣行お疲れさまでした。

  • 12月10日(日) 昨日の釣果情報

    2017/12/10 Sunday

    城ヶ島潮見の磯へ釣行した阿漕さんから釣果情報が入りました。

    アゲンストの北東の風が邪魔になるものの、釣り場のコンディションは良好だったようです。

    潮見の二番に釣り座を取り、タナ6メートルで攻めたそうです。

    釣果は上々。27㎝・20㎝・25㎝の3枚のカワハギをキープ。

    釣行後店にて、27㎝・374㌘のカワハギを『ばんだなダービー』に登録いただき90ポイントをゲットしました。

    ドット島の磯にフカセ釣りで釣行した加賀美さんからの釣果情報です。

    ドット島は渡船にて入ることが出来、宮川のまるよし食堂で受付出来ます。

    海の状況は左からの横風となる北東が多少邪魔になるものの良好。

    足元には、コマセを入れると海面が真っ黒になるほどのエサ取りの群。

    10メートル程沖のポイントを攻めたそうです。

    釣果は30枚以上のメジナ。ほとんどが30㎝クラス。ずっと入れ食いが続いたそうです。

    釣行後店にて、エアーポンプ付の活かしバッカンの中のメジナを見てビックリ。30㎝クラスのメジナの群れをそのままバッカンの中に押し込めた状態。メジナの凄い集合写真が取れました。

    30㎝・454㌘のメジナ2枚を『ばんだなダービー』に登録、150ポイントをゲットしました。