最新の釣果情報を随時更新中!

三浦・城ヶ島の釣り場情報なら「ばんだな」へお任せください。
最新の釣果情報や釣り場を随時更新しています。

  • 3月19日(月) 昨日の釣果情報

    2018/03/19 Monday

    『高飛び込み』に入った杉澤さん父子より釣果情報が入りました。

    午後から南西が強く吹き出し、早上がりをした為に短時間の釣行でした。

    メジナの姿は見ることが出来ませんでしたが、小学生のライキが釣果を上げてきました。

    22㎝のメバルと19㎝のカサゴです。どちらも食べて美味しい魚です。よかったですね。

  • 3月18日(日) 昨日の釣果情報

    2018/03/18 Sunday

    みっちゃんとあけみさんから釣果情報をいただきました。

    入った磯は城ヶ島の『潮見』。みっちゃんが3番、あけみさんが4番にそれぞれ釣り座を取りました。

    海の様子はアゲンストの北東が強く、手前に切れた海藻等のゴミが溜まりちょっと釣りにくい状況。

    コマセを入れるとタナゴの猛攻。海の中は、海面から底までタナゴだらけだったようです。

    4番に入ったあけみさんは、山ほどのタナゴを釣り上げたそうです。

    タナゴの猛攻を避けるため、この日は海苔エサで攻めたみっちゃんは、昼頃に36㎝の良型のメジナを釣り上げ、午後4時半頃には「歳なし」の見事な黒鯛を釣り上げました。店で計測すると52.5㎝-1866㌘の見事な魚体でした。

    釣った場所は、3番正面やや左側10㍍程のポイント。タナは6㍍。

    仕掛けは、1.5号のハリスにG3のウキ。ハリスの直結部にG3、ちもと付近にG7のジンタンをうったそうです。

    3月に入り貧果ばかりの釣果報告にようやく風穴を開けてくれました。

    みっちゃん、ありがとうございます。そして、おめでとうございます。

    次は、城ヶ島『ヒナダン』に入った加賀美さんのグループからの情報です。

    加賀美さんの釣果は25㎝程の良型タナゴ。

    同行の方が39㎝の黒鯛を2枚上げたそうです。

    昼間は好調。夕方はアタリが止まってしまったそうです。

  • 3月16日(金) 釣果報告

    2018/03/16 Friday

    3月14日(水)店の閉店後の午前10時より城ヶ島へ釣行してきました。

    目指した『西の入り』は先客がおり、ワンドの向かい側の『釜島裏』に入りました。

    さすがに城ヶ島のメイン磯だけあって、辺りは釣り人が多く盛況です。

    海の様子は濁りが入っており、潮は右からゆっくり左へ、表向きの磯は程よく荒れ釣れそうな雰囲気です。

    エサ取りの姿は見えません。刺し餌もそのまま残ってきます。

    粘れば何とかなりそうだと思いつつ向かい側の『西の入り』を見ると、5名程のグループが帰り支度。

    場所替えを決断し、荷物を担いでワンドを2往復。

    ようやく待望の『西の入り』に入れました。

    しかしこの場所替えが大誤算。潮が速く、波と強風に押され仕掛けが全く収まりません。

    狙いのポイントには仕掛けを入れることが出来ず、色々迷っているうちに思考の迷路に入ってしまい、何をやればいいのか分からなくなってしまい、ちょっとしたパニック状態に。そんな状態でアタリが全く取れないまま、気がつけば辺りは真っ暗。

    今日の釣りは完璧なノックアウト負け。明日は大荒れで釣りは無理。来週まで我慢の一週間です。

  • 3月13日(火) 釣果情報

    2018/03/13 Tuesday

    3月11日(日)と3月12日(月)の2日間の悲惨な釣果の報告をします。

    3月11日の日曜日は、当店の常連のお客様の中でもベテランの方々がそれぞれ思いの磯へ入りました。

    入った磯は、『潮見』『高飛び込み』『道寸』『東の入り』『釜島裏』『西の入り』と様々でした。

    釣果は、皆さんおしなべて不調。まともなメジナは誰も釣り上げることが出来ず、厳しい状況だったようです。

    翌日の12日は新川さんが『高飛び込み』へ出かけて行きました。

    私も早めの10時に店を閉め見学に出かけて行きました。

    磯は3名の釣り人だけで空いています。自転車釣行の新川さんより先に磯に着いた私は、両隣の釣り人に声を掛け中央の溝のところで場所取りをしながら新川さんの到着を待ちました。

    海の中の様子は、濁りが強く底の方の様子はわかりません。手前にはシコの群れが居座りコマセに群がっています。

    新川さんの竿を取り「メジナ1枚釣るまでやらして」と私。

    ところがメジナは釣れません。延々と新川さんのコマセを撒き続け、新川さんの竿を振り続け、気がつけば夕方。

    新川さんが竿を出したのは、私のタバコタイムだけ。ランチのサンドイッチも分けてもらい、すっかりお世話になりました。

    新川さんの釣行は丸坊主で終わりました。

  • 3月11日(日) 釣果情報

    2018/03/11 Sunday

    昨日『ドット島』に入った加賀美さんから釣果情報が入りました。

    一日中、メジナ・エサ取りともに活性が高く、楽しい釣りが出来たそうです。

    同行の方が43㎝のメジナを釣り上げたそうです。40オーバーのメジナの釣果は久々に聞きました。

  • 3月9日(金) 釣果報告

    2018/03/09 Friday

    3月7日(水)店の閉店後9時過ぎから釣行してきました。

    前日、河野さんから連絡があり、一緒に磯に入ることに。入る磯は、当日の朝の状況次第でということで。

    最近、絶不釣(調)の河野さん。河野さんが三崎に来ると海水温が一気に下がります。このパターンが今回も生きていました。

    前日まで13℃台で安定していた海水温が朝から12℃台に急低下。海水温低下の影響が比較的少ない『高飛び込み』に入ることに意見一致。

    私が磯に着くと、先客は河野さんを含め3名だけ。この寒さの影響か、さすがに釣り人は少なく磯は閑散としていました。

    河野さんが飛び込み台跡の高場に、私は中央の溝のあるところに釣り座を取りました。

    海の状況は、左側後方からの寒い北東の風が強く、風に押されて海に飛ばされそうです。海面はベタベタ。海の中は、水温低下などなんのその、エサ取りが元気にコマセに群がってきます。

    刺し餌は残りません。どこへ入れてもタナゴにやられてしまいます。

    たまに針掛かりするのは、スベタだけ。

    こんな厳しい状況が延々と続きます。

    昼がだいぶ過ぎた頃、河野さんの右隣の釣り人が、黒鯛を掛けました。47㎝あったそうです。

    4時頃から状況が少し変わってきました。

    底の方にアイゴに混じってメジナの姿も見ることができました。

    ようやく釣れたのは、30㎝程のメジナ。しかし後がなかなか続きません。「ヨシ、きた」と思ったら、アイゴ。

    暗くなって、エサ取りのタナゴもいなくなり、右隣の人はメジナを何枚か連発しています。チャンス到来のはずなのに、私に釣れるのは、小さなメバルだけ。

    結局、メジナが1枚、アイゴが1枚、メバルが数枚。という寂しい釣果でした。

  • 3月2日(金) 釣果報告

    2018/03/02 Friday

    2月28日(水)に諸磯の『高飛び込み』へ行ってきました。

    店が閉店した後の午前10時過ぎからの遅い釣行でした。

    磯に着くとすでに8名の先客。磯は満席状態でしたがラッキーなことに、東側のワンドよりの平磯が空いており、そこに釣り座をとることが出来ました。

    暖かな日差しが降り注ぎ、風もなく、波もなく、海はベタベタ。

    一昨日から下がった海水温は、12℃台で安定。

    海の中は、エサ取りが見えます。タナゴは元気なようです。

    周りの様子は、針掛かりしているのはタナゴ、竿を曲げているのはアイゴばかりで、メジナの姿は見ることが出来ません。

    おそらくタナゴの仕業でしょうが、アタリが取れず刺し餌が取られ続ける状況が続きます。

    3時頃、ようやく、ウキがゆっくりとしもってきました。待って待って、ちょっと竿先できいてみても、反応無し。刺し餌が潰れて戻ってきました。

    これはメジナの仕業でしょう。同じポイントにコマセと仕掛けを投入します。

    数投目に、先ほどと同じアタリ。今度はのりました。上がってきたのは、35.5㎝-840㌘のまずまずのサイズのメジナ。今日の状況では大満足の獲物です。

    その後、磯全体でもメジナの姿は見ることが出来ず、次々と釣り人は帰って行きます。

    顔見知りのフカセ釣りのベテランに「何、もう帰んの?早えじゃん。」と声をかけると、

    「心が折れた。」とのこと。気がつけば夕まずめの磯は、私一人だけ。

    暗くなるまで粘ってみました。2枚目のメジナの姿は見ることが出来ませんでしたが、25㎝程のメバルを追加。こいつは煮付けに最高なのでもちろんキープ。

    結局、本日の釣果は、メジナが一枚、メバルが2枚。アイゴが3枚。メジナとメバルを持ち帰りました。

    水温が低くて厳しい状況でしたが、まずまずの釣果で楽しめました。

  • 2月25日(日) 昨日の釣果情報

    2018/02/25 Sunday

    朝暗いうちから、釣行に出かけたアコギさんから釣果情報が入りました。

    向かった磯は『高飛び込み』入った釣り座は飛び込み台跡の右側の中段。

    この日の『高飛び込み』は釣り人の姿もまばら。午後からはアコギさん一人だけになったそうです。

    海の状況は、海水温は15℃台前後。エサ取りはそれほどうるさくなく、刺し餌が狙いのタナまで残って届いている状態。

    昼すぎから、魚の活性も上がり、頻繁に竿が曲がり、楽しい釣りを堪能されたそうです。

    釣果は、32.5㎝ 632㌘の丸々と太ったコンディションの良いメジナを筆頭に5枚のメジナと大型アイゴが4枚。

    3枚のメジナをキープ。昆布締めにして食べる予定だそうです。

    久々の釣りですが、釣りに行けば必ず釣果を上げてきます。アコギさん、さすがですね。

  • 2月23日(金) 釣果報告

    2018/02/23 Friday

    2月21日(水)と22日(木)の二日間連続で釣行してきました。

    21日は、諸磯の『高飛び込み』への釣行です。

    入った釣り座は南向き中央の溝のあるところです。

    前日の夜中より海水温が12℃台から一気に15℃台前後に上昇し、この日も朝から14℃台中頃で推移しています。

    寒い北寄りの風を我慢すれば上々のコンディションです。

    足元にコマセを入れると、今までとうってかわり、エサ取りが元気よく湧き出してきます。

    足元にコマセを入れ続け、スズメダイを釘付けにして、ちょっと沖に仕掛けを投入しても、足の速いタナゴに上層で刺し餌が瞬殺されてしまいます。

    なんとかタナゴの層を突破しても、釣れるのはアイゴばかりです。

    結局、タナゴとアイゴにやられっぱなしでメジナの姿は見ることが出来ませんでした。

    磯全体では、飛び込み台後の高場で良型のメジナが何枚か上がっていました。

    翌日の22日は、朝から雨。雨が上がった10時過ぎからのゆっくりとした釣行。

    入った磯は、城ヶ島『西の入り』

    人気釣り場の城ヶ島の磯も、さすがにこの天気で釣り人の姿も少なく閑散としていました。

    閑散としていたのは、磯の上だけでなく、海の中もでした。

    一時的に急激に下がった海水温の影響かどうか、エサ取りの姿も全く見えず、刺し餌も無傷で帰ってきます。

    暗くなるまで粘ってみましたが、一度のアタリも取れず、遂に敢えなく全面降伏。

    一番大好きな、この時期の釣りですが、不釣(調)が続きます。

    「来週こそは」と願いつつ、釣果報告を終わります。

  • 2月19日(月) 『ばんだなダービー』中間報告

    2018/02/19 Monday

    成績上位者暫定ランキング 2月19日現在

    1位 みっちゃん 321.5 ポイント カワハギ 32㎝ 666㌘ タコ 1130㌘ マダイ 47.5㎝ 1594㌘

    2位 ばんだな  262.5 ポイント メジナ 37㎝ 790㌘ メジナ 35㎝ 690㌘ メジナ 33㎝ 570㌘

    3位 新川さん  187.5 ポイント メジナ 39㎝ 1220㌘ メジナ 36㎝ 738㌘

    3位 みっちゃん 187.5 ポイント メジナ 38㎝ 860㌘ メジナ 37㎝ 900㌘  (登録パート2)

    5位 山本守さん 186.6 ポイント カワハギ 28㎝ カワハギ 28㎝

    6位 あけみさん 178.6 ポイント メジナ 39㎝ 900㌘ クロダイ 36.5㎝ 796㌘

    7位 加賀美さん 150.0 ポイント メジナ 30㎝ 454㌘ メジナ 30㎝ 454㌘

    8位 らいきパパ  90.0 ポイント メジナ 36㎝ 776㌘

    8位 アコギさん  90.0 ポイント カワハギ 27㎝ 374㌘

    ※3尾の魚を揃えた登録メンバーは2名だけです。釣魚未登録のメンバーもたくさんいます。

    優勝及び上位入賞の可能性は大いにあります。

    新規登録および再登録受付ています。詳しくは店舗にて承ります。